輸入住宅では海外らしい間取りが似合う

###Site Name###

輸入住宅を建てる時は、間取りが日本風にならないように注意します。
例えば海外では2階にバルコニーを設置しないのが主流です。

日本では布団や洗濯物を干すのにバルコニーがあるのは当然と考えがちですが、輸入住宅ではバルコニーよりウッドデッキの方がデザインとして合います。

ウッドデッキは椅子やテーブルを置いて家族や来客がくつろぐことができます。

サンタフェモデルの浜松の輸入住宅情報を見つけましょう。

開放的にしなくても手すりで覆えば周囲の目線も気になりません。屋根は切り妻屋根が基本で、出っ張った部分は吹き抜けなど上手く活用します。

大き目の吹き抜けと階段の手すりは、玄関に入って一番最初に目に入る部分です。海外の雰囲気を表現しやすいので、階段も途中から2つに分けるなど遊び心があっても楽しくなります。輸入住宅のキッチンは形状が日本のメーカーのものとは違うことが多いです。

よって間取りに合わせてオーダーメイドキッチンを作ります。



オーダーメイドでは好きな材質も選択できるので、デザイン性と機能性の両方を重視できます。

四角い部屋を並べるのも日本的な考え方です。

間取りに角度をつけるだけで、周囲の部屋から視界を遮ることができ、プライベートな空間ができます。


個人の部屋の他にファミリースペースをリビング以外にも何部屋か作れば、家族のコミニュケーションが絶えません。

Girls Channel情報を検索しましょう。

一般的な輸入住宅には和室はありませんが、日本人としての精神も忘れたくない人は、一部屋だけ内装をガラリと変えて畳を敷くと良いです。